プリンセピアオイル
プリンセピアとは オーガニック認証

現地のコミュニティでは伝統的に用いられているフルーツで、果実として子供たちはよく食べます。すこし渋い味を持つこの実は、地元では食用油として活用しています。常備薬としても古くから使われており、外部用の塗り薬としてはリウマチや筋肉痛に用いられてきました。

ビタミン・アミノ酸を豊富に含んでおり、浸透力(角質層まで)にも優れていることから美容業界からも注目されています。

プリンセピア

■植物名:Prinsepia Utilis Royle  ■品種:Rosa ceae

○品種:バラ科 ○花:2月~3月 ○果物:4月~5月
種または花粉カットによって伝播されます。通常、春または水路の近くの乾いた山腹の日当りのよい広い場所で見つかります。

1本の木から約1~2.5 kgの種子を集められることができます。完全に熟した乾燥種から、オイルは15~20%を抽出する事が出来、入手困難な希少価値の高いオイルです。

プリンセピアオイルの特長

この植物オイルは摂取バランス※1が「飽和脂肪酸」「単価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」が理想的なバランス※2になっているため、世界の屋根といわれるヒマラヤでは天然の恵、黄金オイルと呼ばれています。

オメガ9やリノール酸、オリーブオイルやアルガンオイルには含まれていないオメガ6やオメガ3、不飽和脂肪酸※3、アミノ酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKを豊富に含んでおり、ビタミンE中のγ(ガンマ)トコフェロールにおいてはオリーブオイルの35倍以上も含まれているため美容業界からも注目を集めています。コールドプレス製法※4により有効成分を壊さず抽出することに拘ってオイル製造(各種オーガニック規定・認証等)されています。


※1「飽和脂肪酸:21. 04%」「単価不飽和脂肪酸40.97%」「多価不飽和脂肪酸:37.38%」
※2厚生労働省健康局2015年版 食事摂取基準 参照
※3不飽和脂肪酸は皮膚脂肪の代謝正常化、皮膚代謝での炎症や皮膚病の回復サポートする。乾燥肌予防にも必要な成分です。
※4天然成分を破壊せず抽出するために圧搾過程で触媒等を使わず、熱を加えずに抽出製法基準の25度以下にて高品質の有効成分の抽出する規定での製造方法


ビタミンE含有量
有効性オメガ9やリノール酸、オリーブオイルやアルガンオイルには含まれていないオメガ6やオメガ3、アミノ酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKを豊富に含んでおり、ビタミンE中のγ(ガンマ)トコフェロールにおいてはオリーブオイルの35倍以上含まれている。
安定性ビタミンEが多いため化粧品基材としての有用性が高い
浸透力の促進不飽和脂肪酸の配合バランスが良く、肌PHに近く浸透しやすい



ビタミンE含有量

美容オイル成分含有率比較
(オリーブ、アルガン、プリンセピア)

プリンセピア成分比較資料(オリーブ・アルガン)

Plastid Genome Sequence of a Wild Woody Oil Species, Prinsepia utilis, Provides Insights into Evolutionary and Mutational Patterns of Rosaceae Chloroplast Genomes/
USDA(米国農務省)Food Composition Database / 日本食品標準成分表2015年版文部科学省科学技術・学術政策局 /
BIO PLANETE / 海南大学食品学院 海南省食品研究所 / 厚生労働省健康局2015年版